JIRORIAN(ジロリアン)まとめ

ニンニク入れますか?

基本的な注文方法

ラーメン二郎初心者の方にもわかりやすく解説します。店舗によっては多少注文の仕方が異なる場合がありますので、あくまでも参考までにご覧ください。基本的には以下の流れでオーケーです。

お店の列に並ぶ

お店の列に並ぶ Photo by Yamashita Yohei

お店の前に行列ができていたら、まずは最後尾に並びましょう。
割り込みや待ち合わせなどはNGですので、グループで行く場合は必ず全員が揃ってから並びましょう。

並んでいる途中に「大きさ(麺の量)」を訊かれることがあります。
「小」や「小豚」の場合には「小」、「大」や「大豚」の場合には「大」と告げましょう。
このとき「麺少なめ」や「麺半分」を希望する場合はその旨を同時に告げることも忘れずに。
もし並んでいる途中で麺について訊かれなかった場合は席について食券を出すタイミングで伝えましょう。

食券を買う

食券の自販機 Photo by 康太ブログ

基本的には店に入ったタイミングで食券を購入します。店舗によっては購入してから列に並ぶ店舗もあります。その場合は案内がありますので、それに従いましょう。

ラーメン二郎のサイズは「小ラーメン」でも通常のラーメン屋の大盛り以上の量(約300g)があります。
初めての方は小ラーメンからスタートした方がいいでしょう。
また、店舗によっては「豚入り」もありますが、二郎の豚(チャーシュー)はかなりのボリュームがあるので、注意しましょう。
少食だったり、食べきるのに自信がない人は、食券を出す時(事前に麺の大きさを訊かれた場合はその時)に「麺少なめ(通常の麺量の2/3程度)」や「麺半分(通常の麺量の1/2程度)」と伝えましょう。
「麺少なめ」で普通のラーメン屋の大盛り程度、「麺半分」で普通のラーメン屋の通常量だと考えておけば大丈夫です。

席に座る

ラーメン二郎の食券 Photo by Yamashita Yohei

食べ終わったお客さんが去った後の席に勝手に座っていいお店もありますが、大抵は店員さんから案内がありますので、声をかけられたら席に座り食券をカウンターの上に出します。
ラーメン二郎では水はセルフとなっているので、あらかじめコップに汲んでおきましょう。

コール(トッピングの注文)

ラーメン二郎のトッピング Photo by Yamashita Yohei

ラーメン二郎では麺が茹で上がると「ニンニク入れますか?」と聞かれるので、トッピングの希望を店員さんに伝えましょう。これが俗に言う「コール」と言うものです。
トッピングは「ニンニク」「野菜」「アブラ」「カラメ」の4つが基本となります。

ニンニク

刻んだ生のニンニクのことです。
入れない場合は「ニンニクなしで」や「そのままで」と伝えましょう。
入れる場合は「ニンニクお願いします」や「ニンニクで」と伝えましょう。

野菜

茹でたキャベツともやしのことです。
たくさん入れる場合「野菜多め」や「野菜マシ」と伝えましょう。
ちなみに野菜は通常でもボリュームがあるので注意しましょう。

アブラ

味の付いた豚の背脂のことです。
入れる場合「アブラで」と伝えましょう。多めに入れたい場合は「アブラ多めで」とか「アブラマシ」と伝えればいいでしょう。
通常でも適量のアブラが入っています。

カラメ

味を濃くするためのラーメンのタレのことです。
入れる場合「カラメで」と伝えましょう。通常でも適量のカラメが入っています。

ラーメン二郎では以上の4つのトッピングを組み合わせてコールします。
下の質問に答えてお好みのトッピングのコールを見てみましょう。
実際に注文するときはマシを多め・少なめなどと伝えて量を調整してもらうこともできます。

ニンニク入れますか?

食べる

ラーメン二郎 Photo by karaage dansyaku

カウンターの上からこぼさないように下ろして、あとは食べるだけ。
食べ終わったら、丼ぶりと箸、コップをカウンター上へあげて、自分のテーブルをカウンターに用意してある布巾できれいに拭いて退店しましょう。